カメラマンの仕事はプライドが大事!


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧



「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も―警察庁(時事通信)

 児童買春などの温床と指摘される「出会い系喫茶」について、警察庁は27日、来年1月1日から風営法の規制対象とし、取り締まりを強化することを決めた。ビジネスホテルなどを装った「偽装ラブホテル」も同日から規制対象とする。
 規制対象になると18歳未満の児童の入店や、学校近辺や住宅街での営業が禁止される。ただ、これまで禁止区域で営業してきた施設は引き続き営業を認める。
 出会い系喫茶は、有料で入店した男性に女性を紹介する店で、男女が合意すれば店外に連れ出せる。無料で飲食ができるため、18歳未満の少女が出入りしており、店外での児童買春に結びつきやすいと指摘されていた。
 偽装ラブホテルに対しては、規制対象だった従来のラブホテルに要件を追加。客と従業員が顔を合わさず料金を支払える自動精算機が設置されていることなどを加え、規制対象とした。ラブホテルの要件の大幅見直しは26年ぶり。 

【関連ニュース】
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
都条例改正に漫画家ら反対声明
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官

「辺野古」は与党合意違反=社民党首、首相に伝える―普天間(時事通信)
残間里江子さんが学長就任記念講演 大手町Newsカレッジ(産経新聞)
鳩山首相、対北制裁措置の検討指示=哨戒艦事件で安保会議(時事通信)
普天間方針、福島氏「首相発言」で決定に反対(読売新聞)
ネットで劇物販売容疑=会社員の男を書類送検―福岡県警(時事通信)
[PR]
by rh3vaja8xt | 2010-05-27 22:30


「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)

 宮崎県で発生している家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、県は13日、同県高鍋町にある県家畜改良事業団の種牛6頭を、約20キロ離れた同県西都市に移した、と発表した。

 事業団の畜舎は、感染拡大防止のために家畜の移動が禁止された区域内にあるが、ブランド牛「宮崎牛」の生産に欠かせない種牛を保護するため、国が特別に区域外への移動を認めた。

 県によると、事業団は県の委託を受けて優秀な血統の種牛を飼育し、精液を畜産農家に販売している。被害が集中している同県川南町の隣町にあり、川南町の発生農家を中心にした家畜伝染病予防法に基づく半径10キロ圏の移動制限区域内に位置する。最も近い発生農家とは2キロ程度しか離れていない。口蹄疫発生後は精液の出荷を停止している。

 今回、移動が認められたのは、事業団が飼育する55頭の種牛のうちの6頭。6頭で事業団の精液供給の約9割を担っている。これらの種牛の血統を受け継いだ牛は2007年、全国和牛能力共進会で、9部門中7部門で最高評価を受けた。

 県は今回、「種牛は宮崎の宝」として、区域外への移動を許可するよう国に要請。国は、感染がないことや、移動先の周囲に畜産農家がないことなどを条件に、特例措置を認めた。県は「西都市の仮設畜舎周辺には畜産農家はなく、地元の了解も取った」と説明している。

 宮崎大農学部の後藤義孝教授(獣医微生物学)は「県産ブランドなど大切な家畜は数か所に分けて飼育しておくなど、感染症に対するリスク分散が重要だ」と指摘している。

マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京(時事通信)
大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず−郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
社長を刺殺し自ら119番通報 千葉、容疑の社員逮捕(産経新聞)
[PR]
by rh3vaja8xt | 2010-05-19 02:43


年に1度「幻の滝」 長野・樽滝(産経新聞)

 年に1日だけ水が流れることから「幻の滝」として知られる長野県木島平村の樽滝(たるだき)が8日、姿を見せた。発電所の余り水を流していた落差約50メートルの人工滝。昭和62年から近くの祭りにあわせ毎年5月8日だけ放流されている。

 気象庁によると木島平村付近では20.1度を記録したほか、関東から九州では6月下旬〜7月上旬並みの陽気となった。東日本から西日本では9日もおおむね晴れる見込み。

【関連記事】
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」
諏訪湖見下ろす朝焼けの富士 長野県塩尻市「高ボッチ高原」

「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で−赤松農水相(時事通信)
お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
鳩山首相、世界株安で「国際協調に努めるべき」(産経新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
[PR]
by rh3vaja8xt | 2010-05-12 00:31

    

カメラマン人生、いつかは報われるさ!
by rh3vaja8xt
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧